Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kinari6/binohada.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

アンチエイジングに最適なウチワサボテンオイルの成分と美容効果

ウチワサボテンオイルは、モロッコの砂漠に自生するウチワサボテンの種子から抽出されたオイルです。

ウチワサボテンオイルは、1年に1回しか咲かない花からできるゴマ粒ほどの小さな種子から抽出されるため、とても希少性が高く、1リットル抽出するためには約8トンもの実が必要になります。

そのため、とても高価で、「幻のオイル」や、「究極のアンチエイジングオイル」などと呼ばれたりしています。

ウチワサボテンオイルの成分

ウチワサボテンオイルには、美容に良いことで注目されているアルガンオイルやオリーブオイルをしのぐ美容成分が豊富に含まれています。

ビタミンE

優れた抗酸化作用を持ち、メラニンの生成を抑えてくれる美肌の味方。

ウチワサボテンオイルのビタミンEの含有量は、1キロ当たり1000mgにもなり、アルガンオイルの1.6倍、オリーブオイルの3.2倍もの量が含まれています。

リノール酸(オメガ6)

水分の蒸発を防ぎ、肌を柔らかくする効果が期待できるとともに、メラニンの生成を抑え、排出を促進する効果のあるリノール酸。

肌への浸透力が高いのが特徴です。

ウチワサボテンオイルのリノール酸の含有量は、アルガンオイルの1.8倍、オリーブオイルの8.3倍にもなるといわれています。

ステロール

皮膚の水分量を保ち、柔らかさと弾力性を与えるステロールが、アルガンオイルの11倍も含まれています。

ウチワサボテンオイルはどんな肌の人に有効?美容効果は?

ウチワサボテンオイルはどんな肌質の人でも使用できますが、優れた保湿力と抗酸化力を持っているため、特に乾燥肌や衰えの気になる年齢肌の人に最適です。

豊富に含まれた美容成分が肌の酸化を抑制し、しみそばかすの予防やしわ対策、お肌のハリを保つなどの効果が期待できます。

ウチワサボテンオイルの使い方

ウチワサボテンオイルは、美容液としてスキンケアに使用したり、マッサージオイルとして使ったり、髪へなじませてヘアケアするなど様々な使い方ができます。

洗顔後、化粧水の前にブースターとしてウチワサボテンオイルを1,2滴を肌になじませてからスキンケアすると、化粧水や美容液の浸透が高まるそうですよ。

また、化粧水やクリームに1滴混ぜて使用したり、手作り化粧品に混ぜて使ったりしても効果的です。

もちろんオイルを直接肌になじませても高い美容効果が期待できます。

通販で購入できる?

通販でウチワサボテンオイルが購入できないか調べてみました。

amazonや楽天で何点か販売されていましたが、あまり種類は多くありませんでした。

サラッとしているのに保湿力がすごいと全体的に口コミの評価も高かったです。

ちょっとお値段は高めですが、気になる方は一度使ってみてはいかがでしょう?

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大豆エキスの肌への効果や成分って?抑毛も育毛もできるって本当?

バイオアンテージとは?効果と用途

アルガンオイルの肌や髪への効果は?使い方やおすすめ商品も紹介。

サクラ葉抽出液の成分・効果と用途について

グリチルリチン酸2Kの効果・副作用は?ニキビや敏感肌に効く?

プラセンタの肌へ効果は?おすすめ化粧品・美容液・サプリも紹介