アルブチンとは?αとβの違いは?美白効果やおすすめの化粧品は?

アルブチンはコケモモや梨、ウルワシなどの植物に含まれる成分です。

メラニンの生成を抑制する作用を持っており、美白成分として化粧品に利用されています。

このアルブチンの効果について詳しく解説します。

アルブチンの美白効果・ハイドロキノンとの違い

アルブチンは強力な美白効果を持つハイドロキノンとブドウ糖が結合したもので、ハイドロキノンと分子構造が似ているため、「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれています。

厚生労働省によってその美白効果(シミそばかすを防ぐ)が認められている成分です。

 

ハイドロキノンと似ているとはいうものの、その作用には違いがあります。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるように、できてしまったシミそばかすのもとであるメラニン色素を除去する効果を持っています。

それに比べてアルブチンは、メラニンの生成を促すチロシナーゼの働きを阻害するので、メラニンの生成を抑制し、シミそばかすをできにくくする効果があります。

要するに、

ハイドロキノン…出来てしまったシミそばかすに働きかける

アルブチン…これからできるシミそばかすを防ぐ

といった違いがあるということになります。

 

また、ハイドロキノンは美白効果が大きいのと同時に副作用が起きやすいというデメリットをもっていますが、アルブチンはハイドロキノンに比べて作用が穏やかで、刺激の少ない安全な成分と言われています。

そして、アルブチンは作用が穏やかな分、即効性はないので効果を感じるまでに時間がかかります。でもそれだけ安心な成分だということなのでしょう。

αアルブチンとβアルブチンの違いは?

アルブチンは細かく分けると、αアルブチンとβアルブチンの2種類に分けられます。

 

βアルブチンは、ウルワシというツツジ科の植物に含まれる天然の成分のことをいいます。

一般的にアルブチンと言うと、βアルブチンのことを指し、成分表示では「アルブチン」と表記します。

 

αアルブチンは江崎グリコが独自に開発した、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたものです。

βアルブチンと比べて10倍以上のメラニン抑制効果を持つといわれていて、刺激も少なく安定した成分です。

 

より高い効果のものを使いたい場合は、成分表示を良く調べて、αアルブチンと記載のあるものを選ぶとよいでしょう。

アルブチンに副作用はあるの?

前述したとおり、アルブチンは比較的刺激の少ない成分なので、副作用はほとんどないと言ってよいでしょう。

ハイドロキノンの場合は、肌に合わない時は赤みや炎症が起きたり、白斑ができてしまう可能性もありますが、アルブチンにはそういった心配はありません。

ただ、本来肌を紫外線から守るための作用である、「メラニンの生成」を抑えてしまう効果をもっているので、紫外線対策はきちんと行った方がよいでしょう。

アルブチン配合化粧品はこんなひとにおすすめ

アルブチンは低刺激でシミそばかすを防ぐ効果のある成分なので、

  • 敏感肌で、ハイドロキノンなどの刺激の強い成分が肌に合わない人
  • シミそばかすを防ぎたい人
  • シミそばかすをこれ以上増やしたくない人

におすすめです。

アルブチン配合のおすすめ化粧品はこれ!

薬用美白オールインワン「シズカゲル」

これ1つでシミ、シワ、たるみ、乾燥、肌荒れの5つをトータルにケアしてくれる医薬部外品のオールインワンゲル。

>>シズカゲルを実際に使ってみたレビューはこちら

ビタミンCの600倍の抗酸化作用があると言われるフラバンジェノール、美白有効成分アルブチンなどの豊富な美容成分が美白肌へと導きます。

界面活性剤、パラベン、アルコール、合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコンの7つの無添加で低刺激処方。

美白(シミそばかすを防ぐ)効果だけでなく、効能評価試験によってシワを防ぐ効果も認められています。
>>シズカゲル公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラセンタの肌へ効果は?おすすめ化粧品・美容液・サプリも紹介

バイオアンテージとは?効果と用途

グリチルリチン酸2Kの効果・副作用は?ニキビや敏感肌に効く?

アンチエイジングに最適なウチワサボテンオイルの成分と美容効果

サクラ葉抽出液の成分・効果と用途について

プロテオグリカンの肌への効能!シミに効く?おすすめサプリ・化粧品も。